--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010.11.24

レッスン3 『やる気と集中力』

恨みがましい顔だね。
ドイヒーお洋服第2弾。ピンクの魔物と同じホームセンターで購入。¥1,980ナリ

前回のレッスンで『抱きしめ・仰向け抱っこ』と
『知らない人から餌をもらう』と言う宿題が出ていました。
仰向け抱っこは家の中では完璧。すぐ寝ちゃう。
でも、他の犬がいるところでお腹を出すことを嫌がります。
抱きしめは、目を隠されるとダメ。さすがサイトハウンドだね。
レッスン開始時「今週は何十人の人から餌を貰いましたか?」と言われ絶句。
大層な無茶ぶりです。そんな何十人も初対面の人に会わないし、
「ちょっと餌あげてもらえません?」なんて他人に声掛けられないよ・・・。

以下が第3回レッスンのメニューです。
     ①『おいで』の教え方 
     ②指示語+ハンドサインによる姿勢誘導
     ③アイコンタクトその2
     ④ターゲットタッチ
     ⑤ハードタッチ


①『おいで』の教え方 
 フードの臭いを嗅がせ、後ろへ誘導しながら「おいで」と呼び、
 自分の目の前まで連れてきたら首輪をつかんでフードをあげます。
 次に、二人一組になり、一人に犬を捕まえていてもらい、
 「おいで」と言ってから迎えに行きます。このとき、名前は呼ばない。
 このレッスン、何故名前を呼んではイケナイのか大変に疑問です。
 先生にお聞きしても、理由は良く解りませんでした。

②指示語+ハンドサインによる姿勢誘導
 前回レッスンのハンドサインに指示語をプラスします。
 姿勢が完成した直後に指示語を言います。順番をランダムに
 練習しないと、先読みして決まった姿勢しか、しなくなるので注意。
 マキネッタは、やっとゴロンが出来るようになりました。
 でもイヤイヤ。しかも虫みたいです。

③アイコンタクトその2
 フードを手に握り、目が合っている間だけ、手を近付けていきます。
 目が合い続けるほど早くフードがもらえる仕組み。
 次に目が合っている時に「いいコ」と言います。初めは1回言えたら
 ご褒美。徐々に言う回数を増やして難易度をあげていきます。
 マキネッタはアイコンタクトが大得意なので、入れ食い状態。
 もう貰えるまでガン見すればいいやと思っている節も・・・。
 そういうことじゃないのよお嬢さん。

④ターゲットタッチ
 飼い主の手に鼻先を付けたらフードをあげます。
 手を左右に持って行き、鼻が触ったらフード。
 しかしマキネッタはこちらを永遠にガン見するばかり。先生に
 「マキネッタは頭を使わないコね」と言われました。おっしゃる通り。
 でもこのレッスンなんの意味があるんだろう?芸とか覚える為?

⑤ハードタッチ
 前回の触られ慣れとほぼ同じ内容。徐々に幼稚園の主眼が見えてきました。
 そういや動物病院とも提携してるしね。
 マキネッタは相変わらずフードに夢中で触られている事に気付かない様子。
 少なくとも、このやり方でうちのコは身に着くとは思えません。


クッション乱れ過ぎ。
パピーの頃ならスカートも似合うかと思われましたが、驚くほど合わない。本人もウンザリ顔。 

このレッスンから、少しづつ躾らしくなり、それに伴い疑問も湧いてきました。

たとえば呼戻しで何故名前がNGなのか。我が家はもともと名前派です。
だって2頭いると別々に呼びたいときに「おいで」じゃ困るもの。
実家のワンコズは、普通に名前を呼べば、見えるところまで出てきて
こちらを見ています。語尾を上げながら延して呼ぶと足元まで来ます。
ちなみにプレーリーも同じ。これって凄く便利なんだけどな。
ふだん使わないから、咄嗟に「おいで」なんて出ないしね。

次にハードタッチの件。マキネッタの通っている幼稚園は、近くの動物病院と
提携しています。多分そのせいだとは思いますが、獣医さんにとっての良い子に
する為に、結構な時間を割いています。たしかに大切だし必要な事だけど、
ちょっと急ぎ過ぎていないかな?とも思います。人慣れや、信頼って
日々のなかで少しづつ構築していくものなのでは?それでこそ、強い絆が
生まれるのだと思います。やり方が乱暴な気がしてなりません。


本日の体重2.3kg

にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ
にほんブログ村

Posted at 17:17 | しつけ教室 | COM(3) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。