--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010.12.09

レッスン4 『信頼関係』

大きくなったなぁ。
「わんわん運動会」に行って参りました。大きなワンワンにちょいとビビるマキネッタ。

前回のレッスンから1週間。なんだか疑問も湧いてきちゃったケド、
取り敢えずもう少し頑張ってみようと気を取り直しました。

以下が第4回レッスンのメニューです。
   ①人慣れ その2
   ②音慣れ ~社会の音に慣れさせよう~
   ③『おいで』 その2
   ④名前とアイコンタクト
   ⑤指示語による姿勢誘導
   ⑥『待って』の教え方
   ⑦ボディーコントロール


俊足兄弟
会場でイタグレ兄弟に会いました。でこぽん君とくろまる君。精悍で格好良かったです。

 ①人慣れ その2
   カツラやサングラス、合羽などで変装してワンコにフードをあげます。
   これは、色々な人に会っても怖がらない為だそうです。
   しかしワンコズは、すぐさま飼い主を見つけて近寄っていきます。
   そりゃそうだよね。それとも超怖がりなコには有効なのかな?
   日常的に、帽子やサングラスを使っていますが、マキネッタが私を
   見失った事はありません。洋服もいつも同じじゃないしね。

 ②音慣れ ~社会の音に慣れさせよう~
   お教室のなかをリードをつけて歩いている途中で、花火や、トラック
   の音などをCDで出し、音が鳴った時に空かさずフードをあげます。
   当たり前だけど、CDの音なのでまったく迫力がありません。
   結果マキネッタも無反応。何故フードが貰えたのかもわかってない。
   お散歩中に大きな音がしたら、フードをあげてねって事なのかな?

 ③『おいで』 その2
   「おいで」と言ってから自分の目の前まで誘導し、首輪を掴んで
   その場に座らせます。お尻が床についたらフード。
   このとき、オスワリのコマンドは出しません。
   「おいで=目の前に来て座る」にする為だそうです。
   マキネッタは、語尾をのばしながら上げれば「漕いで~」でも
   「磨いで~」でも「マキネッタ~」でも兎に角コッチに来ちゃう。
   まぁ呼戻せてるから良いのかな?でも知らない人の会話に反応して
   ソッチに行っちゃっても困る気がするし。どうなんだろう?

 ④名前とアイコンタクト
   正面で向かい合い、目が合っている時に名前を呼んでフードをあげます。
   目が合っていない時に名前を呼んではいけません。
   マキネッタは正面に座った時点でこちらをガン見です。何か貰えると
   思ってるんでしょ?貪欲なコ。

 ⑤指示語による姿勢誘導
   ハンドサインを出さずに言葉だけで、姿勢を変えます。
   わからなかったら、ハンドサインでヒントを出します。
   出来たら褒めてフード。
   マキネッタは「フセ」はハンドサインがないと出来ませんでした。
   そして「ゴロン」は、指にフードを挟んでないと出来ません。
   もっと自主練が必要なようです。


おめでとう!小雪ちゃん
50m走で小雪ちゃんが一等賞になったよ。矢のような早さでした。おめでとう!

 ⑥『待って』の教え方
   飼い主の横に足を横に崩したフセの姿勢をとらせ、「待って」と
   言います。形が崩れそうになった元の姿勢に押さえつけます。
   止まっている間は褒めて、崩れたら戻す。フードは使いません。
   飼い主が動いたり、立ったりしてもそのまま。
   フード禁止。叱るの禁止。大げさに褒めるの禁止です。
   「よし」で解除。解除後褒めるのも禁止。これは、「待て」が
   楽しい事であり、解除が目的ではないと教える為だそうです。
   理論はわかるんだけど、私もマキネッタも超つまらない。
   今までは、解除のあと、かなり大げさに褒めてたしね。
   「ありがとう!待っててくれて嬉しい!!」って私が喜ぶと、
   マキネッタはもっと喜ぶし。勝手に絆が深まっている
   気がしていました。

 ⑦ボディーコントロール
   前回のハードタッチの進化系。
   抱きしめの形で犬のあらゆる急所を突いたり、握ったり
   引っ張ったり、横倒しにして押さえつけたりします。
   フードは使いません。暴れようが、カーミングシグナルが
   出ようが全部無視!受け入れるまでやる!
   躊躇していたら、先生に押さえつけられました。
   これで信頼関係が築けるそうです。
   レッスン中マキネッタは、悲痛な声で鳴き叫び、暴れまくり。
   当たり前だと思います。何故こんなにも乱暴な必要が?

ニラメナイデヨ。
抱っこをせがまれ無視してたら、初対面の方のお膝に乗っちゃいました。躾がなってなくてスミマセン。   
 
ボディーコントロールに関して、マキネッタは今まで、
遊んでいる時や、抱っこしている時に、コミュニケーションの
一環として、行ってきました。実家のワンコズも同じです。
人の手を怖がらない為、多少乱暴に扱われても過剰に反応しない為です。
別にそれによって信頼を得ようだなんて、考えてもみませんでした。
と言うより、信頼とは日々の積み重ねの結果なのでは?
信頼関係が成立してこそ、どこを触られても平気なコになるんじゃないの? 
急性に乱暴に扱って、それによって信頼が得られるなんてどうも信じがたいです。

もしかしたら訓練としては、ごくスタンダードなものなのかもしれません。
でもそれって『信頼』というより『完全服従』の訓練なのでは?
私の求める『信頼』と、お教室の言うところの『信頼』に温度差が
あるのかもしれないと感じました。

何故しつけ教室に通っているのか、マキネッタをどう育ててあげたいのか、
もう一度考えさせられるレッスンでした。


本日の体重2.4kg
にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ
にほんブログ村




スポンサーサイト

Posted at 12:02 | しつけ教室 | COM(6) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。