--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010.11.15

レッスン2 『条件付け』

でも着心地は最高。
急に寒くなったので慌ててホームセンターで購入したお洋服。驚きのダサさ。¥1,980ナリ。

前回のレッスンから1週間。フードによる姿勢誘導と抱きしめの宿題が出ていましたが、
この時点でマキネッタはゴロンが出来ていませんでした。首をうねうねファルコンのよう。
以下が第2回レッスンのメニューです。
       ①「おいで」の覚えさせ方~捕まると良い事があるよ!~
       ②アイコンタクトの仕方~目が合うと良い事があるよ!~
       ③色んな材質の上を歩かせよう
       ④ハンドサインの覚えさせ方
       ⑤仰向け抱っこ~我慢と諦めを教えよう2~
       ⑥触られ慣れ・人慣れ


だちゃいね~。
サイズも全然合っていなくてズルズル。でも本人はこのドヤ顔。

①「おいで」の覚えさせ方~捕まると良い事があるよ!~
  まず犬に手に持っているフードを嗅がせ、そのまま後ろに下がります。
  「おいで」のコマンドで捕まえ、フードあげると飼い主に捕まると良い事がある!と
  犬は学習していくそうです。この時、「おいで」以外は言わない事が重要。
  しかしマキネッタは、「おいで」もフードに夢中で離れません。
  コマンドも多分聞いていないと思います。貪欲なコ。

②アイコンタクトの仕方~目が合うと良い事があるよ!~
  手にフードを持っている事を犬に見せ、その手を背中へまわします。
  見上げて目が合ったらフードのご褒美。正座→立て膝→起立の順番で、
  難易度を上げていきます。さらに難易度を上げ、見つめ続けている時は
  「良いコ」を連呼し、3秒以上目が合い続ければフードをあげます。
  コマンドを出す為にはこの程度の時間が必要だからだそうです。
  マキネッタは大得意です。しかし、切ない顔で見上げれば要求が通ると
  思っている節が・・・。それはそれで問題です。

③色んな材質の上を歩かせよう
  フードによる誘導で、泥除けマットやタイルなど色々な材質の上を
  走らせるレースをしました。
  お散歩のとき、足裏の感触が変わっても、楽しく歩ける為だそうです。
  1等になり、景品を頂きました。しかし私は知っています。
  彼女は足裏の感触より、頭はフードでいっぱいだった事を。
  お散歩時にこの結果が反映されるとは思えません。

④ハンドサインの覚えさせ方
  前回レッスンのフードを使った姿勢誘導にハンドサインをプラス。
  この時点では、指示後はまだ言いません。フードは指の間に挟みます。
  野獣面で指の間のフードを狙うマキネッタ。貪欲。
  しかも我が家のハンドサインと微妙に違うし。治さなきゃ。

⑤仰向け抱っこ~我慢と諦めを教えよう2~
  前回の抱きしめに続き、我慢と諦めをワザ第2弾。
  足を延ばして床に座り、その足の間に仰向けで寝かせます。
  マキネッタが普段よくとるポーズだけに、楽勝かと思われましたが、
  他の犬がいる近くでお腹を出すのに抵抗がある様子。
  暴れるので、脇の下に手を入れてホールドしました。ビビりめ。
  恐ろしく悲壮感漂う声で鳴きます。大げさなコです。

⑥触られ慣れ・人慣れ
  まず、頭や体を「良い子」と言いながら撫で、フードをあげます。
  徐々に刺激を強くしていき、足や耳を引っ張ったりします。
  これは、獣医さんやトリマーさんに触られても平気なコにする為だそうです。
  マキネッタは、フードに夢中で触られることに気が行っていない様子。
  これでは練習にならん。もう少し、食に関する興味をコントロールする
  必要がありそうです。


キャバ嬢の部屋着かよ。
首の後ろに安っぽいレースが付いています。悪趣味の粋を極めた様なお洋服です。


レッスンはまだ導入編といったところ。しつけのレベルではありません。
緊張でフードが食べられなくなっちゃうコもいるなか、マキネッタは
無心でフードを貪ります。まさに無心。もっと頭を使って下さい。
フードを使ったレッスンが続く限り、食に対する執着をもう少しコントロールする
必要がありそうです。

食べないより、手が掛からなくて良いんだけどね。


本日の体重2.2kg

にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ
にほんブログ村  
  
    
関連記事
スポンサーサイト


この記事へのトラックバックURL
http://macchinetta.blog109.fc2.com/tb.php/23-94fd1f4f
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
ウチも食べることに貪欲!
マキネッタちゃんと同じ位の年に、
販売士さんに、
食べるのがすきな子は覚えさえるのがラクチン♪
とさえ、いわれ続けていましたっけ。笑

今回の記事、とてもべんきょうになります~!
4歳でおはずかしながら、未だにべんきょうの日々。
そう、我が家は飼い主の忍耐力がヒジョーにショボいのです。。

アイコンタクトも、説明を読んで、なるほど納得!
道理で、コパンはオヤツしか見てないわけだよ。
背中に回すと、自分も背中行くもんね。

ところで、本日のコーディネート。
もしかして、どきんちゃんでしょうか~?
なんとなくフードの後ろに描かれているお顔が
どきんちゃんに見えて仕方ありませぬ。

モフモフで、ぬくぬく。
お値段以上じゃないですか~☆
ただし、この格好で外を出歩くと、
通り過ぎる人が、二度見すること必至と思われます(笑)カワユス!
Posted by caerupan at 2010.11.15 14:18 | 編集
Re:caerupanさま

コパン氏も貪欲系ですか!
傷を舐めあうようでナンですが、安心しました。
たしかに食べないコよりは良いのかもしれませんが
マキネッタは食の事で頭がいっぱい。
コパンくんのように背中に回ることすら出来ません。

お洋服の顔は、ロクに見たこともないのに
記憶だけで描いたどきんちゃんのような表情です。
しかもウサギの耳的なものが付いています。

これを着てお散歩に行ったら
「こんな服を着せて犬を辱めて、虐待よ!!」とか
言われちゃうレベルのハイセンスな仕上がりです。
色違いを探しておきますので、コパン氏も1枚如何ですか?
Posted by amakae at 2010.11.17 14:29 | 編集
ふむふむ…、アイコンタクト3秒以上とか、ディテールが勉強になります。

Grecoはフードに興味ないんで、難しいんですよね。
近所のようちえんはフードでしつけ方式なので、全然フードに興味を示さないGrecoに戸惑ってましたよ(それを見てココに通うのはやめました)。
ろくなしつけしてないのですが、体をいっぱいさすってたくさん褒める方式でちょっとづつ歩みを進めています。

マキネッタちゃん、ドヤ顔、ちゃんとローズイヤーですね。
この時期に時々ローズイヤーになっていれば、成長につれローズイヤーになっていくだろうと思っています。

Posted by cookie-greco at 2010.11.18 12:55 | 編集
Re:cookie-grecoさま

Grecoちゃんは食が細いのですね。
なんだかお淑やかなお嬢様のイメージにぴったりです。
パパさんママさんはご苦労されているのかもしれませんが・・・。

実際のレッスンは、blogよりもう少し進んでいるのですが、
最近疑問に思う事も増えてきました。
「カーミングシグナル出てるのに強要する必要ある?」って
思うような事をさせたり。ストレスがすごく心配です。
プログラムを強引に消化している様な印象を受けました。
レッスンの目的ってなんだろうと思う事もシバシバ・・・。

先生にお聞きしても要領を得ず、私の知識と経験不足を
痛感する毎日です。Grecoちゃんのように、経験豊富な
パパとママにしつけて貰えるコは幸せだと思います。

お耳は、家のなかでは通常この形なのですが、
緊張したり、興奮するとガン立ちです。
フードを見てもガン立ち。どんだけ興奮してるのやら。
どうなる事やらですが、最近立ち耳も似合う顔に
なってきました。(見慣れただけ?)
出来れば折れて欲しいのですけどネ^^
Posted by amakae at 2010.11.19 12:13 | 編集
ありがとうございます。
5~6ヶ月の頃は、食が細いのと偏食とでちょっこし苦労らしきものはしましたが、今は偏食もすごくマシになり量も目安以上に食べ、安心できるレベルになってきました。

「しつけ」については良い悪いの判断は横に置いといて、うちは「形」よりも「絆」優先です。
先代犬はお手もおかわりもなんでも出来ましたが、Grecoには「形」は何一つ教えていません。
それでもかなりの部分で心は通い合っているんだろうと実感できます。

ちょうどムツゴロウさんのブログでタイムリーな記事が書かれていました。
http://ameblo.jp/mutsugoroanimalkingdom/
↑の、#59~#61までをご参考まで。
しつけについてはいろんな方のいろんなやり方があり何が正しいとか間違っているとか言えないと思いますが、うちのやり方は、ほぼムツさんの考え方に近いです。

写真で見ているだけで嬉しくなっちゃうマキネッタちゃんの笑顔が、一生続きますように。
Posted by cookie-greco at 2010.11.21 01:01 | 編集
Re:cookie-grecoさま

ありがとうございます。ムツゴロウさんのblog読みました。
やはり、色々考える事がありそうです。

私は「形」や「服従」も大切だとは思っていますが、
その大前提が「絆」だと思います。それって一朝一夕では
構築できるとは思っていません。
やはり、幼犬スクールという特性上、限られた期間の中で
何某かの成果を示さなければいけないので、
あぁいったレッスンになるのかな?と思いました。

今すぐの成果なんて求めていません。
彼女の一生が幸せであるような躾をしてあげたいです。
先生にきちんと伝わっているのかなぁ。

Posted by amakae at 2010.11.24 11:30 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。